医者

なぜ眠れないのか|不眠症の世界に迫ってみよう

現代人にはありがたい存在

woman

話しを聞いてもらえばよい

現代人は多くのストレスを抱えています。物や情報に溢れる社会でいつも忙しく、職場では上司から怒鳴られ、心を休める時間があまり持てないのが現実です。誰かに話しを聞いて欲しいと望んでも、その相手も忙しいので気を遣い我慢してしまうことがあります。カウンセリングは、専門の訓練を受けたカウンセラーが話しを聞く技術を駆使しながら、相談に来た人の話しを聞いていきます。具体的なアドバイスがもらえる場合もあるし、ただ黙って話しを聞いてもらえる場合もあります。忙しい現代において、話しを聞く時間をとってくれて親身に話しを聞いてもらえることは、ストレスを抱える人にとって何ともありがたいと思えることです。ただ、カウンセラーに話しを聞いてもらいに行けばよいというところが、カウンセリングの特徴といえます。

都市化がストレスになる

カウンセリングの必要性は、忙しい都市部ほど高くなります。忙しくストレスフルな都市部では、話しを聞いてもらえる機会が少ないためです。埼玉も関東にあり東京と接しているため、都市化が進んでいます。埼玉には、工場が多く存在したり都心へ通勤する人が多いなどの地域性があります。関東平野に位置する埼玉の、平らで自由度の高い土地柄からそのように利用されています。工場に勤務する人は、単純作業や生産管理に関する業務からストレスが溜まっていきます。また、都心に勤務する人では、満員電車での通勤ストレスやコンピューターによる業務が多いことでのストレスなどを多く受けることになります。今後ますます都市化していく埼玉では、そのストレス度の高まりから、カウンセリングの必要性が増していくといえます。